HYBRID CX-D

¥450,000 (税別)

解除

※記載の写真はカラーオーダー仕様となります。製品価格と別途オプション費用として+25,000円 が必要となります。

※在庫あり:フレーム塗装に約1ヶ月の納期がかかります。
※在庫なし:納期約3ヶ月~ バックオーダー等はお問い合わせよりご連絡ください。

返品について詳細はこちら

カラー
9 Standard (Custom Paint +25,000円~)
スタンダードカラーサンプル

フレームスペック
T/T:GRAPHITE DESIGN ToyoFrame Butted Φ31.8/M40J
D/T:GRAPHITE DESIGN ToyoFrame Butted Φ38.0/M40J
S/T:KAISEI ULTIMA ToyoFrame Butted Φ29.8-28.6/1.2-0.6-0.9t
C/S:KAISEI ULTIMA R Φ22.2/0.8t
S/S:KAISEI ULTIMA Φ16.0/0.6t

BBタイプ
68mm BSA
シートポスト径
27.2mm
ヘッドタイプ
1-1/8 – 1/2”テーパード

ブレーキタイプ
:ディスクブレーキ(フラットマウント)

O.L.D.
142mm (12mmスルーアクスル)

フォーク
: アルミコラム カーボンハイブリッド(12mmスルーアクスル)

フレーム重量
1,890g
フォーク重量
740g
商品カテゴリー: ,

説明

欧州を主戦場とする竹之内悠選手と共に磨き上げた最先端のコンペティションモデル。

レース展開の高速化に歯止めがかからない海外のCXレース。その現場でフレームに求められる性能をすべて注ぎ込んだディスクブレーキ対応モデルです。

東洋フレームでは高精度・高剛性・低重量の3要素を絶妙なバランスで実現したフラットマウントディスク&E-スルー専用のオリジナル2ピースリアエンドを自社開発。

さらにプロトタイプによる実践を通して10種類を超える数多くのフォークを検証した末に、アルミ製コラムのフロントフォークが採用されました。悪夢のように泥濘んだコースにおいても、ストレスのないブレーキングによって限界まで速度を保った攻めのコーナリングを可能とします。

このフレームは過酷なレースで泥に塗れて藻掻き続ける選手の闘争心を鼓舞し、タイム的にもメンタル的にも、ひとつコーナーを抜ける度に大きなアドバンテージを積み重ねていきます。

※フレームサイズ、フォーク、クランク長、クリートセッティング、ステアリング角度等の要因により、特に小さいモデルにおいては足先と前輪が干渉する場合があります。ご理解の上ご購入をお願い致します。
※Di2内装仕様 or 機械式仕様の選択可能(アップチャージ不要)

ジオメトリー

横にスクロールしてご覧下さい(ジオメトリーの寸法表記図)。

SIZE SL TL HA SA HD RC HL OF R H FC
XS 460 505 71 74 63 425 100 47 358.3 506.6 567.4
S 480 515 71 73.5 63 425 110 47 357.6 527.4 568.6
M 500 525 71.5 73.5 60 428 125 47 364 540.4 575.3
L 520 540 71.5 73 60 428 145 47 368.3 559.4 585.9
XL 540 550 72 73 60 428 160 47 373.6 575.5 591.4

※ジオメトリカスタムオーダーは +60,000円~

追加情報

フレームサイズ

XS, S, M, L, XL

フレームカラー

イエロー, オレンジ, クラシックシルバー, グリーン, スカイブルー, ネイビー, ピンク, ブラック, レッド

ロゴカラー

ブラック, ホワイト

表面仕上げ

グロス, マット

変速方式

Di2(SHIMANO), eTap(SRAM), ワイヤー式