投稿日:

フォーククラウン溶接

溶接の基本は母材に火を入れすぎないこと。尚且つしっかり奥までロウ材を溶かして流すことです。
しかしロウ材はある一定の温度まで熱さなければ溶けて溶接することが出来ません。
溶接適正温度を見極める。全ては熟練工の技術と経験とノウハウによるものです。
日本製の責任と誇りを持って今日も溶接トーチを握ります。