投稿日:

五條吉野川シクロクロス大会

五條吉野川シクロクロス大会

先週末は五條吉野川シクロクロス大会にゲストとして参加させて頂きました。

レース前日は実際のコースを使用して、スクールを開催させて頂きました。実際のセクションを使って反復練習、大きなコーナーはラインどりなど、実戦的なことも行えました。参加頂いた皆様、どうもありがとうございました。

定員を5名に絞り、それぞれきっちり見させていただきました

こう担ぐねんで、の図

レース当日は開会のあいさつのようなものをさせて頂いたり、キッズのみんなのレースの先導をしたり、、合間に他のカテゴリーのレースの応援をしたりと、、動き回ってました。

怪我しない程度に無理して楽しく走りましょう、と。

レース開催前にみんなとパチリ

キッズのみんなとよーいドン

僕自身はC2とC1のレースをオープン参加でお邪魔しました。皆さんのレースに影響が出ないように、邪魔しないように、最後尾から一つ一つパックを追いついては少し一緒に走ってまた一つ前のパックへと動くレースをしました。C2はしっかり40分でトップに追いつく走りで、C1は最初の30分で先頭に追い付き、そこからは独走の予定でしっかり走りました。レースペースで他者と一緒に走るのは今年初だったので少しうまく走れませんでしたが、なんとか、追い込み切れました。そして、この日はシケインが少し低かったので全周回飛んでいくと決めていたので頑張りました。シケインが登りで一つ目のジャンプ後に失速するので2つ目のジャンプのスピードを維持するのが大変で、前日は5回飛んで、4コケ1成功だったけど、当日は疲れも抜けてぴょんぴょん飛べてよかったです。でも、C2とC1合わせて約1時間40分、一周約5分ちょいだったので何回も飛ばないといけなくて、C1のラスト三周は気持ちで飛びました。いい練習になりました。

この日は東洋フレームの工場メンバーとチーム東洋フレームの仲間たちがそれぞれ2時間耐久レースに参加し、一参加者者として、とても楽しんで走っていました。東洋フレームが一つのキーとなり、みんなが楽しめる時間を共有できたことはすごく嬉しく、楽しかったです。このような機会を与えてくださった五條吉野川シクロクロス大会の関係者の皆様に感謝いたします、どうもありがとうございました。