投稿日:

2013シクロクロス全日本選手権 in 滋賀マキノ高原

2013シクロクロス全日本選手権 in 滋賀マキノ高原

IMG_1351

2013年シクロクロス全日本選手権です。

悠がヨーロッパから帰国した1ヶ月前からこのレースを目標に準備してきました。

結果、今期も全日本チャンピオンになりました!

レース当日の朝の試走でもしっくり行かなくスタート2時間前までポジションを悩みました。

最後の決断がステムを100mmから110mmに伸ばすことで今回は勝負をすることにしました。

いまの課題は来季のロードシーズンまでにどうつなげるかです。

ロードシーズンへの転換がスムーズに出来なく、今期は不調で終ってしまいました。

悠は運良く、新しいチームに移籍できましたが来季ロードチームはレベルの高い勝負になります。

ロードレースに於いても、冬のシクロクロスはとても重要な競技です。

このミッションをどうクリアーするかを悠とは攻守とも毎日話し合っています。

今期はヒザの調子が悪く乗り込みが出来ないままロードシーズンを無理やりこなし秋のレースでは絶不調・・・

ツールド北海道の頃から全く、走れていない状態でシクロクロスに入りました。

ヨーロッパのクロスではマイナス4ラップのレースもありボロボロ状態で日本に帰国。

野辺山シクロ、琵琶湖マイアミ、全日本選手権とこなさないといけないレース日程。

調子が悪いと自転車のポジションも守りのポジションになって、悪い方向に向かいます。

フレームの設計はこの部分を踏まえあえて昨年よりトップ長を5mm長く作ってました。

ステムの長さは最初は100mmからはじめました。

悠が最初の一声はハンドルが遠いでした。調子が悪いとハンドルは遠く感じるんです。

ステムを90mmにしたいという彼のオーダーがありましたが即却下です。

90mmに交換することは簡単ですがそれをしてしまうと回復に時間がかかってしまいます。

この時点で話し合い、フレームを5mm長くした私の考えをはじめて悠に伝えました。

と言った流れで昨日は110mmのステムで走り、去年より15mmもハンドルまでの距離は長くなってます。

課題はテクニックではなくスピードです。

クロスはテクニックが重要な競技なのでついついテクニック中心のポジションになってしまいます。

悠の場合は海外での経験も豊富なのでテクニックは今のところ重要でじゃないんです。

ロードと同じ様にクロスも乗れるようになれば全体的に必ず良くなるはずです。

これが世界との差なのでこの部分をとりあえず世界選手権までの課題。

世界戦が終わるとロードシーズンに入るのでうまく取り組めることも含めて考えて行きます。

といったそんなこんなの昨日まで全日本選手権でした。

無事に日本チャンピオン、3連覇できました!

次のステップに向けて今日から始まってます。どうぞこれからも応援よろしくお願いいたします。

悠は今日も琵琶一してます!

 

 

IMG_1365

IMG_3557