投稿日:

オオタケMTB

オオタケMTB

Tokyo Crossの帰りに神奈川県秦野にあるMTBショップオオタケさんにお邪魔してきました!

4年ぶりに行ったらリホームしてて、なんと店主の大竹さんが1年かけて一人で全部やったとのことで、びっくりです!

店内には歴代の大竹フレームが飾ってあって、しばし思い出にふけてました。

オオタケ号は100%東洋Japan製ですが、ここまで昔のフレームを見れることは珍しく感動でした!

Ritchey Logicチューブが最初は日本製でその後イタリア製になった事、マウンテンバイクフレームのヘッドサイズの変化、フォークがサスペンションに、ブレーキが最初はカンチブレーキでVブレーキに変わり今はDiskブレーキが当たり前になったりと新しいことがおきるたびに大竹さんとフレームの設計変更を念密にしてました!

MTBは進化してます!久しぶりに大竹さんとMTBフレームを語り、ワクワクでした!

約3年ぶりにオオタケTrailhead-2がまもなく発売になります!当然スチールフレームです!期待してて下さい!!

by Tetsuya